アジアン雑貨店ワルンチャンプール

『アジアン雑貨店ワルンチャンプール』の新商品、おすすめアイテムなどの情報をち早くお届けしています♪
0

バビグリン食べ比べ♪ その2

こんにちは。
アジア雑貨店ワルンチャンプールです。

3連休ですね~!
今日が運動会という学校や幼稚園、保育園も多かったみたいですね!

さて、あちこちで食べ歩きました「バビグリン」情報その2です。
その1はこちらです♪)

今回は、スミニャックから行きやすいお店をご紹介いたします。

Babi Guling Men Suka

バビグリン men suka

サンセットロードから別れた道、デウィ・スリ通りにあります。
大通りに看板があるのですが、お店はちょっと奥まっていて、
普通の民家に入っていくような気分になり、え?ここ?と思ってしまいました。

あまりクセもなく、辛すぎず、初めての方にも食べやすいと思います。
いわゆる普通のお肉が多めでした。

ここの特徴は、スープ!
豚骨ラーメンを思わせる、しっかりとした豚骨スープでした。
普通は、ターメリックなど、スパイスの効いたスープで、
よくわからな野菜や、食べるところがなさそうな豚が入っていることが多いのですが、
ここのは、思わず「中華めんが欲しい。」と思うようなスープで、
豚肉も骨付きですが、ちょっとチャーシューみたいで、美味しかったです。

アイスティーとバビグリンのチャンプールで、Rp.30000でした。

地元の人の集まり用と思われる、大口のテイクアウトの注文が入って、
手際良く次々と、おべんとうのように包んでいました。

最後に行ったのは、

Warung Babi Guling Pak Malen

バビグリン pak malen

ラヤ・スミニャックを北上して、クロボカン方面にいかず、
右折してサンセット通りに出るところにあります。

場所的に、わたしたちにとって、一番行きやすくて、
そして、おいしい!ので、前から行っているお店です。

以前にもまして、繁盛してまして、
今回、わたしたちが行った時は、ちょうど中華系のグループが帰るところで、
もう少し早かったから、座れないところでした。

ここのバビグリンと、先ほどのメン・スカのバビグリンは、
傾向が似ているのですが、パッ・マレンの方が、
全体にパンチが効いていて、辛くておいしい、と思います。
臓物系は、少なめでした。

ここも、アイスティーとバビグリンのチャンプールで、Rp.30000でした。


今回、バビグリンを食べ歩いてみて、こうして後から写真をみたりして思ったのは、
まず、お皿を使うところが減ったということ。

チャンプール(ごはんと一緒に盛りつける)の場合、
3軒とも、竹で編んだかごに、ワックスペーパーでした。
パッマレンは、以前は陶器のお皿でした。
でも、竹かごに紙でしたら、お皿は洗わなくて済みますし、
割れることもないですし、メラミンのお皿よりも雰囲気がよいです。

そして、皮の揚げたものが、3軒のお店で出てきたことです。
この皮の揚げたものは、以前はなかったように思うんです・・・。
たぶん、これはよそから買ってるはず。
手間を省いて、品数減らさずで、便利なんでしょうね。

2点とも、省力化や経費削減、もしくは単なる流行か・・・
変わらないと思っていることも、実は少しずつ変わっているんですね。

・・・なんてことを、バリ島の名物料理「バビグリン」を通して感じました。


↓たくさんの方にクリックしていただけますように☆

にほんブログ村 ファッションブログ エスニック系へ にほんブログ村 ファッションブログ アジアン系へ にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
blogram投票ボタン雑貨情報サイト - モノラボ

****************

ポップでキュートでモダンなアジア
「アジア雑貨店ワルンチャンプール」
twitter : http://www.twitter.com/warungcampur

****************

0

バビグリン食べ比べ♪ その1

こんにちは。
アジア雑貨店ワルンチャンプールです。

今回のバリ島旅行では、あちこちで「バビグリン」を食べました。

「バビグリン」とは、バリ島の名物料理で、
香辛料などを詰めてこんがりと焼いた、豚の丸焼きです。

お肉だけでなく、皮や臓物なども、余すところなく調理され、
「バビグリン」屋さんでは、ちょこちょこといろんな種類をとりまぜて、
ごはんのと一緒に食べます。
たいてい、スープもついてきます。

まず、最初に行ったのは、

Babi Guling Sari Kembar 99

バビグリン sari kembar 99

クロボカンから、刑務所前の道(Jl.Marboro)をデンパサール方面に、
しばらく行ったところにあります。
バビグリン屋さんは、夜やってないところが多いのですが、
ここは、夜10時まで営業とあったので、行ってみました。

赤いラワール(和え物)を初めて食べました。
豚の血が入っているので赤いんだと思いますが、
お腹はなんともなかったです(笑)

珍しく、青菜炒めがのってました。

量は少なめですが、たぶんRp.20000くらいでした。
他に比べて少し安いです。

テイクアウトに来る人がひっきりなしでした。

次に行ったのは、

Babi Guling Rebo Manis

バビグリン karya Rebo

バリ島リピーターの方に教えていただいたお店で、
デンパサールのセセタンにあります。

ここは、ごはんとおかずが別盛りになっていました。

全体にしっかり味で、スープもごはんにかけるのが前提のようです。
スープが具だくさんでした。

臓物系の部位もたくさんあって、バラエティーに富んでいて、
お肉につけるソースもおいしかったです!

鳥頭は「ここのが一番辛かった」と言ってました。
辛かったのは、ラワールで、たぶん青唐辛子が隠れているのだと思います。
ココナツの果肉がたくさん入っていて、わたしは好きです~!

ここのバビグリンは、Rp.25000でした。

デンパサールに行ったら、また行きたいお店です♪

バビグリン食べ比べは、その2に続きます・・・


↓たくさんの方にクリックしていただけますように☆

にほんブログ村 ファッションブログ エスニック系へ にほんブログ村 ファッションブログ アジアン系へ にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
blogram投票ボタン雑貨情報サイト - モノラボ

****************

ポップでキュートでモダンなアジア
「アジア雑貨店ワルンチャンプール」
twitter : http://www.twitter.com/warungcampur

****************

0

バリ島に来ています

こんにちは。
アジア雑貨店ワルンチャンプールです。

只今、遅い夏休みをかねて、買い付けにバリ島に来ています。

ここぞとばかりに、バリ料理、インドネシア料理を食べまくっています♪



まずは、バリ島のグルメ情報では、
右に出る本なし!と思われます「バリ島極楽チャンプル2バリごはん」で、
バリで一番おいしい!と書かれた、
ワルンバリのナシチャンプール♪

そして、バリ島通の友人が、ワルンバリよりおいしい!と言う、
サリバリのナシチャンプール♪



どちらもおいしい!
でも、タイプがまったく違います。

簡単に言うと、あっさりとこってりです。
でも、サリバリのは、今まで食べてきたナシチャンプールのどれとも似ていない個性派かもしれません。

バリ島リピーターには、それぞれイチオシのナシチャンプールがあるようで、
今回いろいろと情報を頂いたので、制覇できたらいいのですが、日数がたりなさそうです(^^;;


さて、只今、ワルンチャンプールは配送をお休みしています。
ご迷惑とご不便をおかけいたしまして申し訳ございません。

日頃のご愛顧に感謝いたしまして、
配送お休み期間中、全品10%OFFセールを開催いたしております!

全品10%OFFセール

期間:9月22日(日)より10月2日(水)24時

セール品、新作も全品対象です。
ポイントもご利用いただけます。

この機会にぜひ!ご利用くださいませ。


*セール期間中のご注文分は、10月3日(木)以降順次発送させて頂きます。

*この期間中の配達日時指定の日にちの指定は、10月5日から10月11日までとさせて頂きます。
  ご不便をおかけいたしますが、あらかじめご了承くださいませ。

*セール期間中はお買い物カゴからのご注文は通常通り承っておりますが、
  お電話・ファックスでの受注はお休みさせて頂きますので、ご了承くださいませ。

詳しくは、こちらのページをご覧くださいませ!

「全品10%OFFセール詳細ページ」
http://warungcampur.com/news/news.html

↓たくさんの方にクリックしていただけますように☆

にほんブログ村 ファッションブログ エスニック系へ にほんブログ村 ファッションブログ アジアン系へ にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
blogram投票ボタン雑貨情報サイト - モノラボ

****************

ポップでキュートでモダンなアジア
「アジア雑貨店ワルンチャンプール」
twitter : http://www.twitter.com/warungcampur

****************

0

バリ島の本:熱帯の旅人

東海地方も梅雨明けしましたね~!

さて、まだまだ、バリ島に関する本を読んでます。

なかなか苦戦した「バリ島案内」の次は、
コリン・マクフィーという、カナダ人の作曲家が書いた
「熱帯の旅人」を読みました~♪

熱帯の旅人

作者が、なんとなく購入して聴いた、ガムラン音楽に魅せられて、
1930年代に、通算5年ほど、バリ島に住み、
ガムラン音楽の研究や採譜などをしていた時の話なのですが、
こちらは、興味のある分野でしたので、一気に読み終わりました。

とても今から80年?も前のこととは思えないくらい、
目の前に情景が浮かんでくるような、生き生きとした文章だと思いました。

「踊る島バリ」の翻訳や制作に関わっていた方と、
同じ方の翻訳なのも、読みやすい理由なのかもしれません。
時代も重なっていますので、2冊続けて読んだのもよかったかもです。

ガムラン音楽や、バリ島の文化、バリ人に対する、
作者の愛があふれる本だと思いました。

また、この頃のガムラン演奏や踊り、お寺での儀式の様子が、
YouTubeに、たくさんアップされているのに驚きました。

コリン・マクフィーが親代わりのようになって、
農民だったサンピという少年を、踊り手に育てるのですが、
そのサンピが踊っている映像を発見!
本にもあったように、サンピのえくぼまで確認できました(笑)

大昔のバリ島や、ガムラン音楽&踊りにはあまり興味のない方でも、
特に、ウブドが大好きな方は、きっと楽しく読めると思います。

原題は「A House in Bali」なのですが、
コリン・マクフィーは、5年間バリ島に住み続けたわけではなく、
行ったり来たりして、また、外国人という立場を保って、
さまざまな事に関わり、対処していた様子は「旅人」という印象ですし、
熱に浮かされるように、バリ島の文化にのめり込む感じが、
「熱帯」という言葉にぴったりだと思いました~。




↓たくさんの方にクリックしていただけますように☆

にほんブログ村 ファッションブログ エスニック系へ にほんブログ村 ファッションブログ アジアン系へ にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
blogram投票ボタン雑貨情報サイト - モノラボ

****************

ポップでキュートでモダンなアジア
「アジア雑貨店ワルンチャンプール」
twitter : http://www.twitter.com/warungcampur

****************

0

バリ島の本:バリ案内

バリ島関連の本を読み続けています・・・というか、
ちょっと停滞中です(汗)

今読んでいるのは、コレ!

プトゥスティア バリ案内

「バリ案内」とありますが、いわゆる案内ではありません。
バリ島がどのように変化したか、について、
ものすごく詳しく、取材をもとに書かれたレポートのような感じです。

それもそのはず、著者は、記者を長年していらした方。
文章も堅くて難しい、新聞や週刊誌のようで、
予備知識がない、または、あまり興味がないトピックについては、
かなり読みづらい印象です。

しかし、情報は、かなり詳細にわたり、
きっちりと、掘り下げて書かれています。

まだ、半分ほどしか読んでいませんが、
そうだったのか!と、疑問に思っていたことがわかったのは、
バリの闘鶏を中心とした、ギャンブルについての章。

バリカレンダーについての章も興味深かったのですが、
このギャンブルのところが、今のところ一番おもしろかった!

何度かバリで闘鶏を見たことがあるのですが、
どういうシステムで、賭けているのか、配当はどうなっているのか、
負けた鶏はどうなるのか、本当は禁止されているはずだけど・・・
などなど、ほぅ~、そうだったのか。
と、ようやく謎がとけました。

大衆演劇や文学についての章は、かなり読むのがつらかったけれど、
この後の章は、美術や観光問題や宗教事情についてなので、
もう少し読むスピードがあげられそうです。

インドネシア語やバリ語の名称が多いのも、読みにくい理由かも。
注釈はあるけれど、知らないものはやはりわかりづらいですね。
翻訳も大学教授がされているから、硬いのかも~。

でも、きっとまた、あらたな発見があると思うので、
がんばって読み進めます~♪



↓たくさんの方にクリックしていただけますように☆

にほんブログ村 ファッションブログ エスニック系へ にほんブログ村 ファッションブログ アジアン系へ にほんブログ村 雑貨ブログ バリ島雑貨へ
blogram投票ボタン雑貨情報サイト - モノラボ

****************

ポップでキュートでモダンなアジア
「アジア雑貨店ワルンチャンプール」
twitter : http://www.twitter.com/warungcampur

****************



このカテゴリーに該当する記事はありません。